柳瀬 わかな

東北初の整理収納アカデミアマスター
 (整理収納アドバイザーの最高学府)
ハウスキーピング協会認定講師
働くママ応援団長

1980年3月5日、愛媛県生まれ。
立教大学経済学部在学中からBS朝日などのニュースや情報番組に多数出演。
卒業後、東北放送・青森放送などの局アナを経て出産を機にフリーに転向。
タレント・柳瀬わかな」オフィシャルサイト コチラ

東北放送(仙台)時代に整理収納アドバイザーを取材し「片づけ」に興味をもつ。
取材後すぐに整理収納アドバイザー2級を取得したものの、独身だった当時は忙しさを言い訳に
「片づけなくても死なない」の精神で「溜め込む女」のままやり過ごす。
結婚・出産を機に加速度的にモノが増えた結果、モノに押しつぶされお手上げ状態に。
これを機に片づけスイッチが入り、自ら実践するとともに、長男が1歳の時に整理収納アドバイザー1級を取得。
「アナウンサー時代に培った『話す、聴く、書く』のスキルを活かし片づけに悩む人に寄り添いたい」との想いから、
1級取得後すぐに整理収納アドバイザー認定講師の資格に挑戦。 一発合格で認定講師となる。

その後、住宅メーカーなどの社員研修やメーカー主催イベントの講師をはじめ、
自分と同じママを主に対象とした整理収納アドバイザー2級認定講座や、各種レッスン、
ママの自信がつく整理収納サポートなど展開。
また、整理収納による家族のパートナーシップ向上をテーマとしたモデルルームの一棟
完全プロデュースも経験(2017年グランドオープン)。その際に全国初で開発した
1階にウォークスルークローゼットを配置し回遊式動線を作る間取りは
子育て世代から大変な熱い支持を得て他社メーカーでもブームとなった。

2020年秋には東北で初めて「整理収納アカデミアマスター(整理収納アドバイザーの最高学府)」の称号を与えられ、
整理収納アドバイザーの有資格者14万数千人(2020年9月当時)のトップ50人に数えられるプロ中のプロに。
県内外の自治体や企業・学校法人・PTA連合会などからの講演依頼も多く、聴講者はのべ数千人。


秋田市のゴミ減量化プロジェクトの1つとして「食品ロスを減らす冷蔵庫の整理収納」を
テーマとしたリーフレット監修を手掛け「整理収納で食品ロス削減!」とSDGs活動にも取り組むほか
もう1つの専門分野でもある防犯を片づけと掛け合わせたオリジナルの「防犯片づけ」は
2022年秋に防犯の業界誌に取り上げられ話題となり、全国から次々と講演依頼が寄せられている。

整理収納×SDGs」の独自の視点から、男女共同参画や女性の活躍推進などにおいても
講師やファシリテーターとして様々な場に招かれるなど、活動の幅を広げ続けている。
2022年(令和4年)春からは「あきたFF推進員(男女共同参画推進)/秋田県」も務めている。

整理収納アドバイザー2級認定講座の受講生たちからは
「元々アナウンサーだからハキハキと聞きやすいし、話が面白いので講座中眠くならなかった」
「片づけだけじゃなく、防災や防犯と絡めた実践的な話も聞けるのがわかなさんならでは!」
「“元・溜め込む女”なんて信じられない!でも、だからこそ片づけられない私の気持ちが分かるのかも!」
「講座でいっぱい出てくる実例に親近感わきまくり(笑)!!」
などと熱い支持を得ている。

また、それ以外のレッスンや片づけサポートも「母・主婦ならでは」の目線が共感を呼び
「褒め上手なわかなさんのおかげで何だか自分に自信が持てるようになってきました」
「片づけが苦手すぎる私にも根気よく付き合ってくれて、最後まで話をきいてくれるので安心!」と
リピーターも多い。

夢はKKC(キレイ、簡単、ちょうど良い)をモットーに、「自分に合った片づけ方」を通じて
忙しいママたちが「自分の時間を自分らしく」楽しめるようにすること。

小学生の息子と夫と3人暮らし。
好きな物は、アイスクリーム、炭水化物。 
座右の銘は、七転び八起き。
仕事は緻密に業務遂行する一方、プライベートでは、夕飯時にレンチン(レンジで温め)したものを
翌朝まで忘れて放置したり、シャンプーと間違えてボディソープで洗髪したり、
炊飯器のスイッチを入れ忘れて(おかずは作ったのに!)ゴハンが炊けていなかった…!など
「うっかり」の一面もある。


【現在出演中】
FM秋田
「gozzo」毎週金曜 正午~(農業期5~10月限定、今年度は休止)
「秋田県からのお知らせ」 第2・4金曜 あさ 7:50~

【資格】
・整理収納アカデミアマスター   
   (整理収納アドバイザーの最高学府/東北初)
・整理収納アドバイザー認定講師
   (ハウスキーピング協会認定)
・防犯設備士/優良
   (警察庁所管 日本防犯設備協会認定/秋田県防犯設備協会所属)
・防災士 (日本災害情報学会 会員)
・住宅収納スペシャリスト
・収育指導士
・ルームスタイリスト1級
・発達障害住環境サポーター
・ビジュー式片付けカードワークインストラクター ほか

※発達障害の個別相談は受け付けておりません。

【主な実績】
ハシモトホーム青森支店「家族みんなが片づけ上手になる家」プロデュース
■日防設ジャーナル(2022 爽秋号)「活躍する防犯設備士」掲載
       ~防犯片づけからアプローチする親子防犯と地域防犯~ 
■青森シニアカレッジ 講師&テキスト寄稿
■Wagaya2017 巻頭特集
■秋田市環境部 環境都市推進課 発行「冷蔵庫収納術」パンフレット監修
■魁新報社
  (mari*mari)2018春 「マリマリクローズアップ」インタビュー掲載
  (mari*mari)2018秋 「終活特集」寄稿
  (新聞)     2019春  「一から教えて」衣類の整理について 特集
  (新聞)     2019秋  「記者マッキー体験記」家のデトックスで心を健康に!
  (新聞)     2020春  「企画特集 3・11の教訓 令和に引き継ぐ」
                 ~防災士の柳瀬さんに聞く~
  (新聞)   2020秋  「ズボラ上手になろう」
           〃    「防災士アナが講演(美郷)」
  (新聞)   2020冬  「片づけは整理から」
  (新聞)   2021新春 「防災士柳瀬アナに聞く」大雪後の大規模停電を受けて
   ほか多数
■読売新聞(秋田版)2020秋「ママ目線の防災術」
■秋田民報      2020秋「楽しみながら学ぶ ~美郷で防災カフェ~」

■あきたタウン情報   2020(2月号)「編集長がいま会いたいトップリーダー」
■クルール秋田版    「おシゴト白書」インタビュー掲載
■子育てフリーペーパー 「チェリッシュ(秋田版)」年末お片づけ特集 ほか、多数回掲載

■NHK秋田(テレビ)    「ニュースこまち」年末大掃除特集《ゲスト出演》
(ラジオ第1)  「喫茶こまち」               《ゲスト出演》
■秋田テレビ    「きんよう420」整理収納特集    《ゲスト出演》
「Catch Up marimari+」レギュラーMC《2019.4月~2021.3月》
■秋田放送ラジオ 「まちなかSESSION エキマイク」     《不定期、ゲスト出演》
■FM秋田       「月曜mix」             《ゲスト出演》
「水曜ニュースmix」シェアmixコーナー           《毎月1回、ゲスト出演》

その他
・整理収納アドバイザー2級認定講座 (一般向け/メーカー向け社員研修)
・こども収検(青森県/秋田県) 開催
・企業研修(全国数か所をつないでウェビナー形式など)
・幼稚園&保育園や教育委員会関連イベントでの収育トークセミナー
・青森県主催の各種セミナー(整理収納・防災防犯・話し方など)
・秋田県主催の各種セミナー(  〃  )
・秋田市主催のゴミ減量化プロジェクト関連の「整理収納セミナー」
・各ハウスメーカー・ビルダー様主催のお客様感謝祭での各種セミナー
・各メーカー(ショールーム)でのユーザー向け整理収納セミナー
・建築事務所様主催の内覧イベントでのお片づけレッスン
・各種自主団体主催の勉強会の講師(整理収納・防災・防犯)
 ほか多数。
 YouTube出演も多数。
 会場開催ではなく、オンライン可能なものはオンラインでの出演も実績多数。

【取引実績】法人、自治体、団体   (※ 順不同、敬称略)
秋田県、秋田市ほか県内の各市町村(教育委員会も含む)、秋田県内の青年会議所、秋田銀行、秋田魁新報社、秋田民報社、読売新聞(秋田)、
アートシステム、アド東北、サキガケアドバ、NHK(秋田)、AKT秋田テレビ、ABS秋田放送、エフエム秋田、ヴィジュアルスペース、
LIXIL、タカラスタンダード、ハシモトホーム(青森)、積水ハウス、大和ハウス工業、東北ミサワホーム、プライムハウス、松美の家、
秋田カルチャースクール、
青森県および各市町村、青森市PTA連合会、青森県建築士会、青森放送、東奥日報社、FM青森、RAB企画、RABサービス、RAB学苑、
アリーカルチャーセンター、FM五所川原、アップルウェーブ、青森県長寿社会振興センター、幼稚園などの学校法人 他